関節痛に効く成分 グルコサミン

グルコサミン Glucosamine 肘や膝、首・肩・腰・股関節の痛みに

グルコサミン 肘や膝、首・肩・腰・股関節の痛み、変形関節症に
グルコサミンは体内にあるアミノ糖の一種です。グルコサミンは生体内では「プロテオグルカン」として軟骨や結合組織に多く分布しています。「プロテオグルカン」とはヒアルロン酸を軸にコンドロイチンなどの「グリコサミノグリカン」(タンパク質と多糖体の複合体でムコ多糖体の一種)が結合したコアタンパク質の集合体で関節軟骨の主要成分になっており、各器官の柔軟性や弾力性にかかわる非常に重要な成分です。

グルコサミンが不足すると、肩や腰、膝や肘などの関節痛の原因となります。

痛みをとる! グルコサミンと整体術 関節で軟骨を作るために必要なグルコサミンは、体内でグルコースやフルクトースなどの糖から合成されます。しかし、年齢と共にその合成機能が衰えてグルコサミンが不足してしまいます。そのためグルコサミンの補給が関節痛などに効果的だと注目されています。

軟骨は骨の端にあるゼリー状の組織で、骨と骨が擦れあうときに生じる摩擦(衝撃)を和らげるクッションの役割を果たし、弾力性に富んでいます。加齢や過酷な運動、怠った体重管理などにより関節に負担がかかると軟骨は消耗してしまいます。軟骨が消耗すると、骨同士がじかにすれ合ってしまうことになり、不快感を生じ、関節痛の原因になってきます。

膝の痛みを抑え、血液をサラサラにするグルコサミン~肌のシワやたるみも改善、血栓症の予防にも~ (ふるさと文庫シリーズ) グルコサミンはこんな方にオススメです

加齢や激しい運動での首や肩、腰、膝、肘、股関節など節々の不快に
関節に痛みがあり、サポーターやカイロをお使いの方
痛みを感じず、心地良いウォーキングをお望みの方
中高年の健康生活に
立ち仕事に従事し、腰などに負担を感じている方

★オリンピック6大会で115個ものメダルを獲得したスポーツ選手たちが飲んでいる驚異のサプリメントとは

グルコサミンと変形性関節症

飲んで治す!腰痛・膝痛・関痛痛―グルコサミンで「痛み」が消えた
飲んで治す!腰痛・膝痛・関痛痛―グルコサミンで「痛み」が消えた 変形性関節症とは、関節と関節の間の軟骨が何らかの理由によってすり減って関節の曲げ伸ばし時にクッションの役割を十分に果たせなくなってしまい、骨と骨が直接接触することで関節に痛みが発生する病気です。肘、膝、腰、股関節など、関節があるところなら、どこにでも起こります。

変形性関節症は50代以上の年齢の人に多く、60歳以上では80%の方が膝、肘、腰、脊髄などに症状の差はあるものの、この変形性関節症の症状を抱えているとも言われています。

50代、60代以上になると膝の痛みを抱えている方が多いですが、変形性関節症の中でも特に多いのが膝の痛みです。これは変形性膝関節症で、女性の場合は肥満が原因、男性の場合は重労働が原因であることが多いです。

変形性膝関節症は酷くなると、運動時だけなく、日常生活に支障があるほどの痛みになってきます。また、症状が進むと膝に水が溜まったりします。

グルコサミンは変形性関節症の治療に絶大な効果があると注目を浴びています。

変形性関節症など関節の痛みに効くグルサコミン

グルサコミンには関節痛に効果的といわれるのは次のような効果があるからです。

・関節の軟骨を再生する
・関節の炎症を抑える

グルコサミンは加齢やスポーツなどによりすり減ってしまった関節の軟骨を再生する働きを持っています。

また、グルコサミンは炎症を抑える働きを持っており、肘や膝、首、肩、腰など関節の痛みも和らげます。

グルコサミンは日常生活で関節の痛みに悩む方のみならず、、スポーツ選手のケガの予防にも効果的だと言われています。

飲むグルコサミン  ☆+.+.+☆ ふしぶしにヒアルロン酸『四季潤(しきうるおい)』 ☆+.+.+☆

     

★オリンピック6大会で115個ものメダルを獲得したスポーツ選手たちが飲んでいる驚異のサプリメントとは

↑このページの上に戻る