アサイベリー(アサイー)はアマゾンの熱帯雨林保護に貢献

アサイベリーアサイー)は、熱帯雨林に貢献しています!
アマゾンの熱帯雨林アサイベリーアサイー)の産地であるアマゾンの人々は経済成長を確保しようと近年アマゾンの熱帯雨林の伐採を行ってきました。それによって熱帯雨林の破壊が問題になっています。

しかし、アサイー(アサイベリー)を伐採せずに収穫することにより、アマゾンの地元の人々は熱帯雨林の伐採を行わずに債務の返済を進めることができます。アサイベリー(アサイー)を栽培することによリ、熱帯雨林を保護し、世界の生態系のバランスを保とうという努力をしています。

アマゾンの熱帯雨林を救うには様々な解決策が必要です。アサイー(アサイベリー)は、財政上の面から見てもアマゾン川の三角州から得られる最も重要な非木材産物なのです。

知っておきたい果物の土壌が生み出す違い!

アマゾンの土壌USDA(米国農務省)は最近、野菜・フルーツのORAC(活性酵素消去能力)値の検査を実施しています。

ブルーベリーが抗酸化力が高いのは既に有名で、もちろんそのリストで上位に入っています。

しかし、自然で育ったブルーベリーのORACスコアは一食当たり13,423ポイントもあったのに対し、栽培ブルーベリーは一食当たり9,761ポイントしかなく、約4,000ポイントもの差が出たのです。

この差は土壌にあるのです。

同じフルーツでも育つ土壌によってORAC値は大幅に変わってしまうのです。

ブラジルの熱帯雨林は世界でも最も肥沃で栄養分の高い土壌です。
アサイベリーアサイー)はその肥沃な土壌で育ち、ブルーベリー以上のORAC値を示しています。

★オリンピック6大会で115個ものメダルを獲得したスポーツ選手たちが飲んでいる驚異のサプリメントとは

アサイベリーに含まれる太古の時代から必要な抗酸化成分

アサイベリー昔の人たちは、抗酸化作用などを意識するわけでもなく、春になると菜の花やふきのとうなどの野菜を好んで食べていました。

これらの自然の野菜には、ビタミンCやポリフェノールなどが豊富に含まれていて、紫外線が強くなる春からの季節に摂取するのに非常に良い野菜と言えます。

昔の人は抗酸化作用を意識していたわけではありませんが理にかなった食生活を送っていたのです。現代の私たちにも紫外線が強くなる春から摂取するのに最適な果物があります。それはアサイベリーアサイー)をはじめとする抗酸化力が非常に高いベリー類です。

春から積極的に摂るアサイベリーの果物

アサイベリーの木アサイベリーアサイー)をはじめ、ベリー類の果物は、肌の老化原因となる「活性酸素」を撃退する抗酸化作用が高いことが知られています。

また、アサイベリー(アサイー)をはじめとするベリー系のフルーツは眼精疲労や便秘にも効果があると言われています。身体に有害な紫外線が増える時期には特に紫外線対策が必要な時代ですから、抗酸化作用の高いベリー類は積極的に摂るべき果物だと言えます。

ビタミンCを多く含むアサイベリー

アサイベリーアサイー)をはじめとするベリー類に多く含まれ、抗酸化力が高いアントシアニンは、ビタミンCと同時に摂ると抗酸化作用がさらにアップします。

ベリー類の抗酸化作用はかなり前から注目され、中でもブルーベリーの人気は高いですが、最近注目されつつある新しいベリー類があります。

それが「アサイベリー」や「エルダーベリー」という果物です。

アサイベリーはアマゾンなどの奥地で原住民が昔から代替医療で利用していたという幻の果物で、アミノ酸やミネラルが非常に豊富です。

エルダーベリーはお茶として香りを楽しめるお店も出てき、抗ウイルス作用があるのが特徴です。

ベリー類は風邪や花粉症予防にも効果があるといわれています。

また、ベリー類に含まれるアントシアニンは、人間の網膜にある「ロドプシン」という色素体の再合成を活発にし、疲れ目や夜盲症、網膜炎などに優れた効果もあるとされています。

★オリンピック6大会で115個ものメダルを獲得したスポーツ選手たちが飲んでいる驚異のサプリメントとは

↑このページの上に戻る